読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄ライフログ

沖縄の「暮らし」「素敵」「楽しい」「おいしい」を発信していくウェブメディアです。ご連絡などはfacebook(FB内でshino.netで検索)へお願いします!

【秘訣は断捨離】沖縄移住の引っ越し費用なんと10万円以下!?筆者が実践した大幅コストダウンのテクニックを公開!


 

沖縄への移住はお金がかかる。そう思って移住に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

実際、色んな記事やお話を聞くと1人移住でも最低でも80万円や中には100万円を超える見積もりを考えている方も多く、そりゃなかなか移住できないよねー...なんて思ってしまいますが、上手くやればとりあえず移住するだけなら実はそんなにかかりません。

 

では、筆者が実際に実践したテクニックとかかった金額と共に移住のコツを公開してみようかと思います!

 

 

 

筆者移住条件

・兵庫県西宮市(大阪神戸の中間)から沖縄本島中部

・人数丨夫婦二人

・荷物丨3LDK一軒家(併設店舗分もあり)

・2014年5月計画 2014年9月移住完了

 

心構え

まずはここからです。その心構えとは

新しい人生を始めるつもりで物への執着を捨てる

これが、コストダウンにはとても重要なマインドとなります。沖縄へ求めるものって、今までの人生にはなかったものを求めたり探しに来る人が多いのではないでしょうか?(仕事の事情を除いて)では、すっぱりと断ち切っちゃいましょう!

 

引っ越し費用

車に積めるだけ積んで輸送

軽自動車(モコ)に積めるだけ積んで車輸送します。できるだけ大物を積んでしまいましょう。


大阪南港→沖縄 50,000円

 

家の荷物の輸送

荷物丨3LDK一軒家分(二人分)+屋内駐車場の店舗分

 

・ゆうパック 個数19→32,000円

✔32型TV

✔ギター、ベース×3を縛って一つに

✔オーブン

✔ダンボール32個を2個1(ニコイチ)に合体して×16個

 

合計19個 32,000円

 

・譲渡

✔大型冷蔵庫、小型冷蔵庫含む家財を軽トラに積めるだけ→無料

✔家財をワンボックスに積めるだけ×2→無料

 

・廃棄

コーナンで必要な物と軽トラ借りるための適当な木材(2,000円)を購入し、軽トラへ積めるだけ積んで市のごみ処理センターへ。


廃棄料→103キロ:1,300円
軽トラ合わせて3,300円
(ただし、冷蔵庫などの大型家電、エアコン、TVなどは不可)

 

・最終破棄

大箱のリサイクルショップに売却と引き上げ(ガラ、ゴミ含む)を依頼。


買い取り額:5,000円弱
引き上げ額:17,000円
差し引き:12,000円程度で完了しました。


2t車満載になるぐらいの荷物を引き取ってもらいました。
良い物は譲渡でけっこうなくなったので買い取りはこんなもんだと思いますが、2階から降ろしたり積み込んだりなんだかんだ全部やってくれたので楽でした(笑)

この時頼んだのは大阪府豊中市にあるなんでも豊中さんです。西宮までは来てくれたので、よほど遠くない場合は一度お電話されてみては。

 

まとめ

【輸送】
✔軽自動車×1(車、積載荷物含む)
✔ゆうパック19アイテム

 

【譲渡、廃棄】
✔軽トラ×2
✔ワンボックス×2
✔2t車×1

 

合計:97,300円

 

10万円以下で引っ越しが完了しました。


一軒家の荷物丸ごと輸送すると60万円とか70万円かかるって話ですが、10万で済ませれば沖縄で50万円購入に充てられることになります。
もちろん物の価値は同一ではないのですが、「とりあえず沖縄移住することを優先して生活の体を成す」という前提で考えれば、リサイクルショップでとりあえずは十分!10万円もあればだいたい揃うのではないでしょうか?(笑)

 

【※ゆうパックの注意点!】

物量制限しているわけではないですが、基本的に引っ越し目的では受け付けてくれないので知り合いに譲る、仕入れ商品発送、などの理由で依頼するのがベターかと思います。

 

また、これは経験談として、ニコイチ(2つのダンボールをガムテや紐で一つにする)は数があればあるほど重労働でした。バラけないようにしっかり梱包しなければいけないので...。
なので、コーナンなどで大きいダンボールを買ってきて一つとして出す方がいいです(笑)

できるだけ「高さ・横・奥行き」の合計が170cmに近い大きさのものを選んでください。

 

ポイントおさらい

思い切って捨てる!

冒頭でも書いたように、新しい人生を歩むために執着を捨てるのが大事だと思います。それでも捨てられないもの、必需品、などは「大物→車」、「中物→ゆうパック」、「小物→手荷物」、に分けて持って行きましょう。

 

利用価値のある物は知り合いにあげる!

家具や家電など、思い入れのある物や利用価値の高い物はリサイクルで二束三文で売って知らない人に渡るより、必要としている友人に譲る方が気持ちが良いです。

おすすめはお店をやっている友人や知り合いに譲るのがスムーズです。

置く場所や搬送用の車を所有している場合が多いし、必要とされる物も多いので。今回の譲渡先も、どちらもお店を経営されている知人です。

 

廃棄のコツ

通常は市のゴミ収集に依頼して取りに来てもらうことが多いと思いますが、実際は規定が色々あってスムーズにいかない事が多いです。

なので、自分で市のごみ処理センターへ持ち込んでしまう方が手っ取り早いし何より安い!です。

軽トラ貸してくれる知人がいなければ必殺コーナンカーです(笑)

 

まあ、これらを総じて断捨離とも言いますね。流行ってますもんね、断捨離!(笑)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

普通の引越し業者に頼んで真っ当に引っ越しすればうちの場合のケースだと80万円の見積もりでした。さらに車の輸送をすると85万円になりますよね。

それよりも、浮いた75万円で理想の場所に理想の家を借りる方が有意義だと思いませんか?

少なくとも僕ら夫婦は理想を求め、新しい人生、新しい暮らしを始めるために移住したので捨てたものにひとつも後悔はありませんし、実際そのお金で目的だった美浜の一軒家に住む事ができました。家具などもリサイクルショップのおかげでそれなりに形を成しています。

お金持ちの方は別として、金銭面で移住に二の足を踏んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

今回は引越し費用について書きましたが、近いうち移住の家探し、仕事探しの記事も書いてみようと思いますので、よければページへのいいね!、読者登録などしていただき、読み逃しのないようお願いいたしますm(_ _)m

facebookページ→▶沖縄ライフログ